­
Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image
Scroll to top

Top

最先端企業・数十社から依頼された『プロ動画技術』入門講座Ver.1

最先端企業・数十社から依頼された『プロ動画技術』入門講座Ver.1

動画大学入門講座では下記の42レッスン
合計2時間30分のオンライン講義が受けられます。

この講座の受講後には自身で動画撮影・編集ができるようになり
マイメディア、自分放送局として情報を発信していけるようになります。


期間限定!!


今ならiPhone簡単!動画制作講座をプレゼント!


このコンテンツの提供は終了いたしました。
ありがとうございました。

  • (1)購入する前に、商品は良さそうに見えないと売れない(購入者の明るい未来/購入者は購入するまで使っていない)(2)実際会って、人に影響を与えた話、話していた時の行為、話した事柄(たとえば商品の特徴など)は、それを映像や文章にして相手に届けても、相手がその映像・文章を見れば実際会っているのと同じような効果を発揮する。(営業マンの分身を作る)
  • ①静止画:一瞬の奇跡(奇跡の一枚)-購入する前に、商品はよさそうに見えないと売れない②動画:信頼(性)-実際会って、しゃべっているのと同じような効果を発揮する。
  • 静止画は、文字と組み合わせないとアピールできないので限界がある。動画で共感⇒共有⇒拡散させ分身を作り、共感を呼ぶ。 静止画は、主体的に情報を取らないといけない。動画は受身でも情報を取れる
    • 分身を作ってアピールする。(時空間からの開放)  いつでもどこでも誰でも映像を作りやすい時代。静止画とテキストでもそれなりの効果がある。でも動画のほうが影響力が強い。親近感や共感を呼び込む
      • ①撮影から編集、ソーシャルメディアへのアップロードまでできる②だれでも簡単に動画が作れる③映像による情報発信とリアル感
      • スマホでのアプリ紹介や編集の紹介(プロカメラ/Likeカメラ/Snapseed/iMovie/ホンダRoadMovies/ハイカム)
      • 作成した動画はアップロードして露出する(YouTube/Ustream)

        • ソーシャルメディアとの連携。特にfacebookに簡単貼り付けできる
          • 動画配信が簡単になった。これを使わないともったいない。動画を活用している/活用していないの格差が大きく発生する
            • YouTube、Ustreamのfacebook貼り付け。Ustreamのライブ配信は、特に注意が必要。ニコニコ動画、ツイキャスなどソーシャルメディアの紹介。Google+ハングアウトオンエアの紹介
              • 再生開始19秒までに惹きつけないと(Googleアナリティクスを例に)視聴者が離れる。巻き戻しのタイミングの見方。視聴者推移の確認
                • 動画のマーケティングは仮説と検証。再生回数を増やすことは収益化につながる。でも、動画は再生回数だけではない(視聴者の心に響く動画)⇒社内外に影響力を及ぼす
                • 一眼レフだったり、ビデオカメラ、何が違うの?という使い勝手も含めた説明と機材の紹介。使いやすさによってカメラを使い分ける
                  • ①感度②シャッタースピード③絞り、背景ボカシについての説明(被写界深度など)

                  • プログレッシブ・インターレースの説明。シャッタスピード(1/100)/絞り/感度の関係。静止画との違い/カメラワーク(水平)。外部入力音声端子とヘッドホン端子の有無
                    • 詳しくはリアルセミナーへ参加。エキストラカットやカットの「のりしろ」説明/撮影し直しは大変
                    • 点光源(硬い光)と面光源(やわらかい光)(陰影について)暖色系と寒色系(色温度)人物を撮る場合はやわらかい光、男性をワイルドに撮る場合は硬い光になる
                    • 赤い光(暖色系)と青い光(寒色系)(タングステンとデイライト)色味を調整するのがホワイトバランス(オートとマニュアル)ホワイトバランスのとり方(オートとマニュアル)動画の場合は、屋外から屋内に入った時、シーン表現で色温度を管理することが重要
                    • 点光源を面光源にする(バウンスさせる)照明は使い方で変わる。光は作らないといけない。また、どこの良い条件の光がきているか?探す経験的な技術は、リアルセミナーで!
                      • 照明で映像のクオリティーが変わってくる照明機材は使い方によって変わる。光の良い条件を探したりもする(タッチライトと「おさえ」)絵画も学ばないといけない
                      • 映像文法と人称の変化(1人称)(2人称)(3人称)とインサートショット。頭の中で編集しながら動画を撮影している。人称ごとにバラバラに撮影したカットを組み合わせて動画を構築する⇒編集に慣れる

                      • 現場で映像処理するか?後加工するか?(合成処理について)グリーンバック合成/画像の挿入・カットとカットのつなぎ方
                        • 撮影収録のセリフや現場ノイズ・BGMとSE/ナレーションについて(音効さんとの付き合いはカメラマン以上)・動画全体の雰囲気を大切にして音楽やナレーションを決定する
                          • このセミナーでは、ディレクションのことを説明していない。ディレクションは動画の総合管理。 ⇒感情に訴える・魅力的な動画、出演者の演技によっては視聴者の感情を揺さぶられる。こういう動画をいかに作れるか?を考えなければならない。
                            • すべてのトラブルを開場までに解決しないといけない ライブ動画配信(特にイベントなど)の配信はどうやったらよいか?の説明。 ネットワーク環境/音響設備の不具合が発生することを説明 PCにカメラ映像がいかない/音声がこない(映像信号と音声信号について・音声は有線?)/ネットに動画が配信されない/動画が重い(ポートがふさがっている?データが来ない)
                            • YouTubeの設定(タイトル/説明/タグ) アナリティクスの使い方(地域での再生回数) YouTube動画広告
                            • Ustreamの認証(ライブ/録画再生) YouTube(プライバシー設定)/限定公開の有効活用
                            • ライブ配信は手間とコストが発生する。(リアルタイム性が重要)・一方でライブ配信は現場でスイッチング(編集)できるので時間短縮のメリットがある リアルタイム性の必要がなければ、オンデマンド配信を勧めます

                              • アイデア発想の作業工程/①影響を受けたイメージ資料を集める/②自分なら、どう表現する?どう演出する?とよく考える/③意識の外に出す(無意識・醸造期間)/④見つける(発見・誕生)/⑤試す・現実化する(具体化)
                                • ①映像の方向性を決める②制作段取り(スケジューリング)が重要③撮影・編集
                                  • スタッフが動き出すと費用が発生する。⇒映像の企画構成が重要になる。 映像で伝える対象は誰か?ベネフィット⇒映像の品格⇒動画の威力。映像の法則-動画によるマーケティングは確率論⇒反応率を上げる。ビジネスは仮説と検証
                                    • そもそもナゼ動画が必要なのか?⇒自分の分身を作る⇒時間と空間からの開放。動画のほうが臨場感がある⇒ラポールの形成⇒インサイト。(あらゆる日常や非日常の現象も動画で再現して臨場感を出すことができる)
                                      • YouTube動画の収益化を考える(GoogleAdSense/AdWords)動画投稿生活者⇒広告収入(一桁違うと感じられる収入/一千万円を超える収入)
                                        • タイトル/説明(YouTubeからリンク設定)/タグの設定・プライバシー設定・認証と限定動画視聴の関係・コメント設定と情報交換
                                          • 広告表示について・ウェビナーについて・弊社のオンラインセミナーを例にWordPressを使って認証と動画視聴の説明をする

                                            • テレビ番組/CMの予算感。映像のアイデアについて・実証する・比較する・誇張する。バズバイラル型/アドボカシー型について
                                              • 企業説明PR動画・ホテルリニューアル企画 ・音楽大学のピアノレッスン動画・リフォーム会社の例
                                                • ソーシャルメディアの発達・視点を変える複眼の思考法・普遍性+固有性=新しい表現が生まれる
                                                  • 今までは、押しの強い広告が主流・現在は、押しが強くなく、やわらかくアピールすることが主流・動画が使えるのは放送と動画配信だけ・動画⇒臨場感を生む
                                                  • (セミナー動画)・セミナーダイジェストでアピール。バックエンド商品に誘導する。・自社サイトにも動画をアップする。・写真+テキストより動画のほうが臨場感が出る
                                                  • ・医療系・学習塾・フランチャイズ・飲料系イベント連動サイト・中古車サイト・ステップメール連動集客サイト
                                                    • 広告露出媒体の選択・マーケティングでの動画活用


                                                      このコンテンツの提供は終了いたしました。
                                                      ありがとうございました。

                                                      レッスン1・・・なぜ映像を作るのか?

                                                      【1-1.なぜ映像が必要か?】

                                                      映像を作ることは「自分の分身」を作ること。これは商品やサービスでも同じ。映像が皆に知らせてくれる。告知してくれる。これが、販売促進になり、セールスへと繋がる。
                                                      自分が動かなくても、実際の商品やサービスがリアルになくても映像で理解してもらえる。ここが一番重要です。

                                                      そのために

                                                      (1)購入する前に、商品は良さそうに見えないと売れない(購入者の明るい未来/購入者は購入するまで使っていない)

                                                      (2)実際会って、人に影響を与えた話、話していた時の行為、話した事柄(たとえば商品の特徴など)は、それを映像や文章にして相手に届けても、相手がその映像・文章を見れば実際会っているのと同じような効果を発揮する。(営業マンの分身を作る)

                                                      この2つが重要で、これをうまく活用できると効果絶大なのです。

                                                      【1-2.静止画と動画の違い】

                                                      (1)静止画:一瞬の奇跡(奇跡の一枚)-購入する前に、商品はよさそうに見えないと売れない(2)動画:信頼(性)-実際会って、しゃべっているのと同じような効果を発揮する。

                                                      購入する前に、まだ商品やサービスを使ったことがないのでキレイで良さそうに見えないとダメです。ここが実は感情を動かされている部分。(1)の部分。
                                                      次に、親近感や信頼感が(2)の部分。態度や話している声のトーンなどが全体の雰囲気を醸し出します。ここから親近感や信頼感が生まれます。

                                                      【1-3.動画のメリット】

                                                      静止画(写真)は、文字と組み合わせないとアピールできないので限界がある。 動画は映像と音声で分身を作り、共感を呼ぶ。これが共有されて拡散されていく
                                                      静止画は、主体的に情報を取っていかないとダメだが、動画は受身でも情報を取ることができる

                                                      【1-4.レッスン1のまとめ】

                                                      動画で分身を作って、自分は動かなくて済む。これは時間と空間からの開放である。 今はいつでもどこでも誰でも動画を作りやすい時代。もちろん静止画とテキストの組み合わせでもそれなりの効果がある。でも動画のほうが影響力が強い。親近感や共感を呼び込むのが動画

                                                      レッスン2・・・スマホでの簡単な映像制作

                                                      【2-1.まずはスマホから動画配信】

                                                      スマホでのカメラアプリ紹介や編集アプリの紹介。映像編集アプリは使いやすいアプリを選ぶこと。これによってスマホでも映像加工できるし映像の見栄えも変わってくる

                                                      【2-2.映像加工のアプリは?】

                                                      (1)静止画:一瞬の奇跡(奇跡の一枚)-購入する前に、商品はよさそうに見えないと売れない(2)動画:信頼(性)-実際会って、しゃべっているのと同じような効果を発揮する。

                                                      購入する前に、まだ商品やサービスを使ったことがないのでキレイで良さそうに見えないとダメです。ここが実は感情を動かされている部分。(1)の部分。
                                                      次に、親近感や信頼感が(2)の部分。態度や話している声のトーンなどが全体の雰囲気を醸し出します。ここから親近感や信頼感が生まれます。

                                                      【2-3.動画をアップロードする】

                                                      作成した動画はアップロードして、露出しないと見てもらえません。例としてYouTube/Ustreamのアップロード。このとき気をつけなければならないのがネットワークの回線速度の重要性/ソーシャルメディアとの連携/バッテリーの消耗が激しい、これだけ気をつければ思った以上に簡単にアップロードできることがわかるはずです。

                                                      【2-4.レッスン2のまとめ】

                                                      動画はSNSとの連携を活用して情報発信することが重要です。 特にfacebookにURLを貼り付けるだけで簡単に動画を貼り付けできます。

                                                      レッスン3・・・動画のポイント

                                                      【3-1.ウェブ動画とは?】

                                                      世界中どこでも動画を視聴できるデバイス環境とソーシャルメディアは基本無料という環境が動画配信を簡単にした。これを使わないともったいない。 ピンポイントの動画でダイレクトマーケティングを行う。この動画のビジネスでの活用範囲が大きく重要

                                                      【3-2.動画ソーシャルメディアを使ってみよう】

                                                      YouTube、Ustream動画のfacebook貼り付けをしてみましょう。動画を簡単に貼り付けられることがわかります。ただUstreamのライブ配信は注意が必要。ライブ配信会場でトラブルを全て解決する。また、ニコニコ動画、ツイキャスなどソーシャルメディアの紹介、Google+ハングアウトオンエアの紹介

                                                      【3-3.動画の視聴者推移について】

                                                      Googleアナリティクスを例に再生開始19秒までに視聴者を惹きつけないと視聴者が離れる巻き戻しのタイミングの見方。視聴者推移の確認。解析データは、テレビでいう視聴率の部分となるが、よりダイレクトマーケティング的となる

                                                      【3-4.レッスン3のまとめ】

                                                      動画のマーケティングは仮説と検証。再生回数を増やすことで収益化につながるが動画は再生回数だけではない。視聴者の心に響く動画を作ることが重要

                                                      レッスン4・・・撮影編

                                                      【4-1.撮影機材の差・・・】

                                                      一眼カメラだったり、ビデオカメラだったり、何が違うの?という使い勝手も含めた説明と機材の紹介。映像の目的や使いやすさによってカメラを使い分けるのが基本。

                                                      【4-2.静止画について】】

                                                      写真の設定項目①感度②シャッタースピード③絞り、についての説明。写真がキレイに見える背景ボカシ(被写界深度など)を説明しています。写真の基礎知識を習得できることを目的としています。

                                                      【4-3.動画について】

                                                      プログレッシブ・インターレースの説明。蛍光灯下で撮影するときのシャッタスピード(1/100)/絞り/感度(dB)の関係。撮影時の動画と静止画との違い/三脚のカメラワーク(水平をとる)/外部入力音声端子とヘッドホン端子の有無について説明しています。動画のほうが撮影するときに作業量が多いのですが、その分、視覚と聴覚に訴えかける
                                                      「動き」と「音」があるので影響力が増します。情報量が多い分、リアル感が増すということですね。動画の基礎知識を習得できることを目的とします。

                                                      【4-4.レッスン4のまとめ】

                                                      実際の撮影技術を習得するには、レッスン動画以外にリアルの撮影セミナーへの参加が重要になります。ぜひリアルへセミナーへ参加してください。
                                                      また、追加の撮影(撮影し直し)は非常に大変だということ、最大限いろいろな映像を撮影しておくことなどを理解しておく必要があります。

                                                      レッスン5・・・照明編

                                                      【5-1.点光源と面光源】

                                                      点光源(硬い光)と面光源(やわらかい光)陰影について説明。女性を撮る場合はやわらかい光、男性をワイルドに撮る場合は硬い光などになります。また、暖色系と寒色系(色温度)についても説明しています。
                                                      ライティングによって雰囲気が違ってくることを確認してください。時として撮影以上に照明が重要になる場合があるのです。

                                                      【5-2.ホワイトバランス】

                                                      写真の設定項目①感度②シャッタースピード③絞り、についての説明。写真がキレイに見える背景ボカシ(被写界深度など)を説明しています。写真の基礎知識を習得できることを目的としています。 【5-3.いい光を選ぼう】 点光源を面光源にする(バウンスさせる)ことで照明が変わる。光は作らないといけないし、照明は使い方で変わる。また、どこに良い条件の光がきているか?探すことも重要
                                                      この部分は経験的な技術になるので動画レッスンとあわせて、ぜひリアルのセミナーに参加してもらいたい。 【5-4.レッスン5のまとめ】 照明で映像のクオリティーが変わってくる。照明機材の使い方によっても印象が変わる。ライティングの重要性を知り光の良い条件を探したりもする
                                                      絵画も学ばないといけない

                                                      レッスン6・・・編集編

                                                      【6-1.動画の映像文法は世界標準】

                                                      映像文法と人称の変化(1人称)(2人称)(3人称)とインサート映像。ヒキの映像は客観性が強く、ヨリの映像は主観性が強い。人称ごとにバラバラに撮影したカットを組み合わせるためカットとカットのつなぎ方を認識し頭の中で編集しながら動画を撮影していくこれには、編集に慣れることも重要

                                                      【6-2.画像加工ソフト/動画編集ソフト】

                                                      現場で映像処理するか?後加工するか?(合成処理について)の説明。グリーンバック合成/画像の挿入、静止画も動かす。入らないカット捨てたり、画面サイズを変えたりしカットとカットをつないでいく

                                                      【6-3.動画の音について】

                                                      撮影収録のセリフや現場ノイズは重要。インタビューアーは話しすぎてはいけない。 BGMとSE/ナレーションについて(音効さんとの付き合いはカメラマン以上) 音楽やナレーションは動画の雰囲気を決定するので動画全体の雰囲気を大切にして音楽やナレーションを決定する。

                                                      【6-4.レッスン6のまとめ】

                                                      この動画セミナーでは、ディレクションのことを説明していない。ディレクションとは動画をトータルに総合管理すること。これは、かなり難しいので中級、上級講座で説明。 動画制作の流れを知り、感情に訴える・魅力的な動画、出演者の演技によっては視聴者の感情を揺さぶるこういう動画をいかに作れるか?を考えなければならない。 これらができた時が「動画の威力を知る瞬間」となるのです。
                                                      絵画も学ばないといけない

                                                      これらレッスン1~6までが、動画制作入門講座の本当に基礎の部分となります。 これらは覚えるしかありませんので本当に息を止めて潜るような感覚・・・ 先にクリアしてしまったほうが楽ですので、ぜひチャレンジしてください。

                                                      レッスン7からは、実際の動画活用入門講座になります。 動画を作って情報発信する。この活用事例を説明します。


                                                      レッスン7・・・動画配信方法は?

                                                      【7-1.ライブ動画配信】

                                                      ライブ動画配信は魅力的で問い合わせも多いのです。 でも、セミナーでのライブ動画配信は開場までに、すべてのトラブルを解決しないといけない。レッスン動画では、この解決策を説明しています。 これを解決できると、ウェビナー(Webinar)など視聴者とのリアルタイムコミュニケーションに基づいた新しい可能性が見えてくるのです。

                                                      【7-2.YouTubeのオンデマンド動画配信】

                                                      YouTubeの設定は特に、タイトル/説明/タグの部分が重要になります。ここがSEO対策になります。そしてアナリティクスの使い方(地域での再生回数など) そして、YouTubeを使った収益化。YouTubeパートナープログラムで収益を得ることが可能になります。

                                                      【7-3.限定ユーザーのみ視聴可能な認証つき動画配信】

                                                      一部の優良顧客だけに動画を見せたい!セミナーのライブ動画配信を見せたい!こんなことありますよね。 Ustreamの認証付ライブ動画配信や録画再生の動画配信。YouTubeプライバシー設定(限定公開の有効活用)を説明しています。 限定公開はビジネスで数多く活用されています。特に特典動画の限定公開では、この設定を利用することになるので使い方を学ぶのが重要です。

                                                      【7-4.レッスン7のまとめ】

                                                      ライブ動画配信は手間とコストが発生しリスクが高いのでリアルタイム性が重要な場合のみ活用をオススメしますが、慣れてくれば、ライブ動画配信は現場でスイッチング(編集)できるので時間短縮のメリットがあります。 収録したオンデマンド動画配信は、いつでもどこでも視聴でき再生回数が多ければ収益化も見込める、優れた「キラーコンテンツ」になります。

                                                      レッスン8・・・動画制作のノウハウ

                                                      【8-1.映像アイデアの作り方】

                                                      では?技術はわかった!でもどういう映像(動画)を作ったら良いか?これを教えてくれるところがありません。映像のアイデアをどう作ったら良いか?アイデア発想の作業工程を5段階に分けて説明しています。既存の映像イメージを数多く集め、その映像から受けるインスピレーションなども非常に大切ですね。 このレッスン後には、アイデアを作業的に次々と生み出すことができます。大手広告代理店のクリエイティブも使っている手法です。

                                                      【8-2.映像制作のコミュニケーション】

                                                      ここが動画制作で一番難しいところ。この3つを理解することで、格段に映像制作が楽になります。

                                                      1)映像の方向性を決める
                                                      2)制作段取り(スケジューリング)が重要
                                                      3)撮影・編集

                                                      映像制作と戦略は密接な関係があります。映像を作ると、その映像は企業や商品、サービスを伝えるために一人歩きします。間違った情報や戦略があれば間違った方向に進む。これは大問題です。

                                                      だから戦略を受けて、その後、映像の方向性を決め、撮影・編集し動画を作る。もちろん知識や技術的判断も必要になるのです

                                                      【8-3.技術以上にベネフィットが重要】

                                                      ここも動画制作で一番難しいところ。映像を作ることが決まりスタッフが動き出すと費用が発生します。ここで基本的に後戻りができない。 映像制作業務の半分以上は撮影前に終わっている。それだけ映像の企画構成が重要になるのです。なにをもって効果的な動画と判断するか?映像で伝える対象は誰か? ベネフィットが映像の品格を形成し動画の威力を発揮する動画によるマーケティングは確率論だから露出を上げる、反応率を上げるビジネスは仮説と検証なのです。

                                                      【8-4.レッスン8のまとめ】

                                                      そもそもナゼ動画が必要なのか? 自分の分身を作ることは時間と空間からの開放を意味します。自分が動かなくて済む そして分身を作るなら動画のほうが臨場感があり、これがラポールを形成しインサイトに訴えかけます。これは、あらゆる日常や非日常の現象を動画で再現して臨場感を出すことができるからです。 動画の臨場感!視覚や聴覚から得られる情報は臨場空間を形成し意識の認識を書き換え、これによりラポールを形成することになるのです。

                                                      さて、ここからが実例集です。入門講座のクライマックスになります。

                                                      レッスン9・・・動画の運営方法は?

                                                      【9-1.YouTube動画マーケティング】

                                                      YouTube動画の収益化について再生回数を増やす動画(キラーコンテンツ)を持っている動画投稿生活者が広告収入(今までと一桁違うと感じられる収入/一千万円を超える収入)を得ています。(GoogleAdSense/AdWords)YouTube動画の収益化が可能ということです。注意点としてキラーコンテンツを作り続けることは難しいということです。

                                                      【9-2.YouTube動画のSEO対策】

                                                      レッスン7でも説明していますが、タイトル/説明/タグの設定。特に重要なのがYouTubeからリンク設定ですね。 そして、限定動画視聴を活用したプライバシー設定やコメント設定による情報交換も重要になります。

                                                      【9-3.Ustreamの活用】

                                                      ここも動画制作で一番難しいところ。映像を作ることが決まりスタッフが動き出すと費用が発生します。ここで基本的に後戻りができない。 映像制作業務の半分以上は撮影前に終わっている。それだけ映像の企画構成が重要になるのです。なにをもって効果的な動画と判断するか?映像で伝える対象は誰か? ベネフィットが映像の品格を形成し動画の威力を発揮する動画によるマーケティングは確率論だから露出を上げる、反応率を上げるビジネスは仮説と検証なのです。

                                                      【9-4.動画CM】

                                                      ここは、レッスン8の映像アイデアの作り方と共通する部分です。 映像クリエーターがどういうことを考えているか?確認することができます。 実際の映像アイデアについて、実証する/比較する/誇張するの例を見ることができ バズバイラル型/アドボカシー型についての説明もしています。 ここに書いてある文章では、とても伝わらないので実際の動画を確認ください。

                                                      【9-5.動画PR】

                                                      ビジネスで動画を活用する場合、おそらく一番参考になる部分です。 儲かっている会社は、黙って動画を活用して大きな売り上げを上げています。 そのビジネスモデルをていねいに説明しています。 ※企業説明PR動画/ホテルリニューアル企画動画/リフォーム会社の販促動画の例など

                                                      【9-6.レッスン9のまとめ】

                                                      ソーシャルメディアの発達で、だれでも簡単に動画で情報発信できます。でも心に響く動画と響かない動画いろいろあるのです。どういうアイデアで心に響くような動画を作るか?そこには視点を変える複眼の思考法が必要になるのです。 今まで培われた普遍性の表現と伝えるべき商品やサービスにおける固有性の融合 このデジタルとアナログの技術的な融合が新しい表現を作り出します。 動画の表現はアナログ的な部分なのです。

                                                      レッスン10・・・動画によるマーケティングは?

                                                      【10-1.メディア展開】

                                                      市場が成長している時は、押しの強い広告が主流だったが市場が成熟すると押しが強くなく、やわらかく情報をアピールすることが主流になります。そして動画を活用できるのが放送と動画配信だけ。動画は臨場感を生みます。 メディア展開を使った情報発信の仕方を考え最終的にマネタイズできるオウンドメディアに誘導する。自社で管理するホームページは受け皿なのです。

                                                      【10-2.セミナー動画事例】

                                                      セミナーは「ローコスト」「ローリスク」の代表的なマーケティングです。 動画は信頼性を向上させますのでセミナー収録して動画にする。セミナーダイジェストをYouTubeにアップしてアピール。バックエンドでセミナーなどの動画商品に誘導する。 もちろん自社サイトにも動画をアップする。写真+テキストより動画のほうが臨場感が出る!こういうことなんですね。

                                                      【10-3.動画の業種別活用方法】

                                                      動画のビジネス活用は有効です。例として、医療系/学習塾/フランチャイズ/飲料系イベント連動サイト/中古車サイト/ステップメール連動集客サイトなど多業種の動画サイトを説明しています。どんなビジネスでも使える動画活用の事例です。

                                                      【10-4.レッスン10のまとめ】

                                                      集客するには、やはり広告が必要です。広告露出媒体を選択して動画へ誘導する。 マーケティングでの動画活用は必須です。臨場感を出し信頼性を獲得してビジネスにつなげる。これが重要になります。


                                                      このコンテンツの提供は終了いたしました。
                                                      ありがとうございました。

                                                      カリキュラムPDFダウンロード




                                                      動画日記® 動画メルマガ® 動画ラーニング® 動画通販® 動画書籍® 動画電報® 動画新聞® 動画日報® 動画名刺® 動画履歴書 動画遺書 スマホ動画 動画マーケティング 地域映画力 動画アーティスト 動画タイムスタンプ 自分放送局® 動画大学®

                                                      Copyright(c)2013 動画大学.com All Rights Reserved
                                                      VN:F [1.9.22_1171]
                                                      評価
                                                      Rating: 0.0/5 (0 votes cast)
                                                      Previous Story

                                                      There are no older stories.